読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ズラトリアル

アドビ初心者がデザインに関するチュートリアル書いたりまとめ作ったり

illustlatorだけで完結する手書き風はんこの描き方

f:id:kazura24:20161030171700p:plain

illustratorだけで描けるスタンプ風素材の作り方です。

和風デザインにおすすめのデザインです。

 

作り方

1.文字を描く

f:id:kazura24:20161030171918p:plain

ツール→塗りブラシで文字を書いていきます。ぺたぺたとマウスで塗りました。なんとなく明朝風です。

描き終わったらグループ化しておきましょう。

2.四角を描く

f:id:kazura24:20161030172017p:plain

ツール→角丸四角形で資格を書きます。ここは適当な大きさで。今回はアートボードのサイズに合わせています。

3.パスファインダーで切り抜き

f:id:kazura24:20161030172107p:plain

さっきの文字を四角に重ねます。わかりやすいように白色にしました。

f:id:kazura24:20161030172202p:plain

パスファインダーのウィンドウを呼び出し、二つのオブジェクトを選んで「前方のオブジェクトで切り抜き」をクリックします。これで穴が開きました。

4.四角枠に文字を重ねる

f:id:kazura24:20161030172505p:plain

今回はもう一個作ります。同じサイズの角丸四角形を書いて、同じ色で線を引きます。このとき、線の位置を内側にしておくのがポイント。

好きな太さになったら、パスをアウトライン化しておきましょう。

f:id:kazura24:20161030172343p:plain

そして文字と重ねるとあっという間にはんこ風。ちなみに書道用語では文字が白いほうを白文、赤いほうを朱文と呼びます。

このままでもはんこっぽいのですが、よりらしくするためにかすれを入れていきます。

5.かすれを入れる

5-1 適当に線を引く

f:id:kazura24:20161030172936p:plain

はんこの上に鉛筆ツールで適当に線を引きます。あんまりたくさん引かないほうがきれいな気がします。

5-2 ブラシを適用

f:id:kazura24:20161030173045p:plain

線を選択したままで、ブラシウィンドウを開きます。赤丸のブラシライブラリのところから、アート→木炭、鉛筆と進みかすれっぽいブラシを選びましょう。私はいつもこのブラシ使ってるから表示されたままなんですけど。

f:id:kazura24:20161030173243p:plain

ブラシを適用し、ほどほどのところまで線の太さを上げていきます。これは10ptくらい。

f:id:kazura24:20161030173328p:plain

いい感じの太さになったらアウトライン化しましょう。

5-3 パスファインダーで切り抜き

f:id:kazura24:20161030173428p:plain

f:id:kazura24:20161030173631p:plain

パスファインダーのウィンドウを開き、はんこのオブジェクトを選んだ状態で赤丸のメニューから「複合シェイプを作成」を選びます。そのあと「拡張」をクリック。

f:id:kazura24:20161030173646p:plain

かすれのオブジェクトとはんこのオブジェクトを両方選択し、「全面オブジェクトで切り抜き」をクリックします。

f:id:kazura24:20161030173735p:plain

するとかすれが切り抜かれます。

ときどきうまくいかないときがあるんですが、戻るを使ってもう一度やり直すとだいたいいけます。なんでなのかはわからないです。すみません……。

f:id:kazura24:20161030173833p:plain

右のはんこも同じようにして完成です。手順は多いけどそんなに難しくはないです。

 

まとめ

というわけで、illustratorだけで手書き風のはんこを作ってみました。

枠線も手描きにするともっと雰囲気出ると思います。そこらへんは好みですね。

ぜひ試してみてください。

 

PIXTAでこの画像を素材として販売しています。

広告を非表示にする