読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ズラトリアル

アドビ初心者がデザインに関するチュートリアル書いたりまとめ作ったり

ぐっとくる装丁まとめ 青空を使った表紙

装丁 まとめ

 今回は青空を使った表紙デザインをまとめました。

青空が嫌いな人はいないんじゃないかと思うけれど、よく使われるモチーフだけに差別化が難しそうです。

ひとつひとつの違いを見ながら参考にしていただけると幸いです。

 

『ワセダ三畳青春記』高野秀行 集英社文庫

ワセダ三畳青春記 (集英社文庫)

早稲田の探検部に所属していた著者が、青春時代のアパート暮らしを回顧する。

シンプルな青空と雲のイラストに、枠で囲ったタイトルがどーんと配置されています。左上の数珠のような雲がアクセントになっています。

 

こうして彼は屋上を燃やすことにしたカミツキレイニー 支倉十

こうして彼は屋上を燃やすことにした (ガガガ文庫)

 

オズの魔法使いをモデルにした、屋上に集う少年少女の青春ストーリー。

屋上に広がる青空と、屋上の床が画面を分割しているところがきれいです。

そして「燃」の文字が赤くなっているのがアクセントになっています。

 

スカイ・クロラ森博嗣 中央公論新社

スカイ・クロラ

いつまでも子供のまま戦闘機に乗る人たちのSF青春もの。

一面の雲海に白いタイトルの帯。文字のバランスも素晴らしいです。

ちょっとにじむような加工がしてあるのも素敵。

 

少女には向かない職業桜庭一樹 創元推理文庫

少女には向かない職業 (創元推理文庫)

 

殺人を計画する少女たちの結末とは……。

 

背景は青空、タイトルと著者名は白というとてもシンプルでまとまりのいい構成。ローマ字の著者名がピンク色になっているのがアクセントです。

 

『荒川アンダー ザ ブリッジ 3』中村光 ヤングガンガンコミックス

荒川アンダー ザ ブリッジ 3巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)

荒川の河川敷で暮らす人々を描いたコメディ漫画。 

ラフな絵柄で描かれる女装のシスターの背景に青空。荒々しくも静謐な雰囲気があります。

はみ出す日本語タイトルも勢いがあってかっこいいです。

 

遠まわりする雛米澤穂信 角川文庫

遠まわりする雛 (角川文庫)

ひねくれものの探偵が活躍する、学園ミステリーの短編集。 

ちょっと曇った青空に学校らしき建物が映っています。タイトルにかぶっている紫の四角がアクセントに。そこに英語のサブタイトルがあるのもかっこいいです。

 

『旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。』萬屋直人 電撃文庫

旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)

 人間が消えていく世界で二人旅をする少年少女の話。

 スーパーカブに載った少女が斜め前を見ています。タイトルロゴも斜めで、全体的に斜めを意識しているのかな。

タイトルはシンプルに白、著者名はぼかし枠がついた青です。

 

 『とある飛行士への追憶』犬村小六 ガガガ文庫

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫)

 

次期皇妃を飛行機に乗せていくうちに恋が芽生え…というラブストーリー。

大きく手を伸ばしたヒロインの後ろに飛行機。大きなタイトルロゴ。主張の激しいデザインです。でも飛行機が出てきてヒロインと恋するんだろうな!ということはよくわかります。

 

『となり町戦争』三崎亜記 集英社文庫

となり町戦争 (集英社文庫)

 

隣町と戦争をする不思議なSF。

広い原っぱとうっすらグラデーションを描いた青空。美しいのに、中身は戦争の話というのがギャップがあります。

タイトルが薄い黄色で見づらいのもなんだか意味深です。

 

 

まとめ

というわけで青空の表紙まとめでした。こうしてみると青春ものが多いですね。やっぱり青春=空なのか……。

デザインの参考にしていただけると幸いです。

 

 

 

 

広告を非表示にする